かくれ脱水に要注意! (2016/08/08 更新)

脱水クリア.pngNASA(アメリカ航空宇宙局)の気象学者が「2016年は市場最も暑い夏になる」との予測を発表し、気象庁の全国3ヶ月予報でも「7月から9月にかけての平均気温が観測史上最も高くなる」との予測を発表しています。

そこで注意しなければならないのが「熱中症」で、体内の水分やミネラルのバランスが崩れて症状が出るより前の、いわゆる「かくれ脱水」の段階での対応が重要となります。
体内の水分不足により、汗もかけずにどんどん体温は上昇し、熱中症になりさらに脱水が進行するという悪循環に陥らないためにも、早期に「かくれ脱水」に気付いて対処することが大切なのです。

かくれ脱水の主な兆候としては、
 ・体重が1週間で2%ほど減少する
 ・口渇(口が渇く)
 ・尿が濃くなる
 ・排尿回数が減少する
 ・足がつる
などがあります。
これらの兆候を夏バテと決めつけずに、適切な水分の補給を行ってください。

また、水分補給において大切なのは「吸収力」と「保持力」の高い水分を摂取することで、具体的には以下のようなものが適しています。
第1に、体内への吸収速度の高いものを選ぶことで、水分は小腸で吸収されることから、なるべく早く胃を通過して小腸に達するスポーツドリンクなどが挙げられます。
第2には、水分保持力に優れているものを選ぶこと、これはすぐに尿となって排出されるのではなくて、なるべく体内に留まっていられるものが望ましく、近年スポーツ選手に多く利用されている酸化ミルクプロテイン飲料が挙げられます。この酸化ミルクプロテイン飲料は、体内に水分として留まる時間が長く、また人体で最も水分を多く保持している筋肉を作っているプロテインを含んでいます。結果として、筋肉量が増加することで水分保持力も高くなり、熱中症予防に有効と言われています。

これからの季節、適切な水分の補給により猛暑を健康に過ごせるよう心掛けてください。

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック