大腸の環境を整えよう! (2015/05/27 更新)

facilities-img0142111211111111112.jpg腸は身体が必要とする栄養素を吸収するとともに、体に害のある細菌やウィルスなど病原体の侵入を食い止める最大の免疫器官で、人間の身体の免疫機能の約60%は腸が担っているとも言われています。

私たちの腸の中には、約1,000種類、数にすると約1,000兆個もの細菌が住んでいると言われ、これは、重さにすると1kg以上にもなります。

人間の腸には、「十二指腸」「小腸」「大腸」などがあり、小腸は食べたものを消化酵素により分解し、栄養として吸収する一方、大腸は便を作って蓄積し、体外へ排出する役割を担っています。

また、腸内細菌にはビフィズス菌や乳酸菌などの健康に役立つ「善玉菌」が2割、様々な病気を引き起こす原因となる「悪玉菌」が1割、その他環境によって善玉菌にも悪玉菌にもなりうる「日和見菌」が7割存在しており、お互いにその定住する場所を奪い合っているような状態です。その中で「善玉菌」が優勢の時は腸内環境が整って免疫力が保たれている状態ですが、「悪玉菌」が増えると免疫機能が低下して病気に罹りやすくなったり、アレルギーを引き起こしたりといったことがあります。

善玉菌の代表的なものにはビフィズス菌や乳酸菌などがあり、善玉菌が腸内で増えやすい状態へと導くためには、食物繊維の多い野菜や豆類のほか、味噌や納豆などの発酵性食品を積極的に摂取するよう心掛け、腸内細菌の理想的なバランスを保ち、大腸の環境を整えるように努めましょう。

長生きと病気のおはなし (2014/12/15 更新)

介護を受けたり寝たきりになったりせずに日常生活を送れる期間を示す健康寿命は、平成25年のデータで男性71歳、女性74歳と毎年0.7歳以上ずつ延びています。

人間には病気になりやすい人と病気になりにくい人がいて、人間が病気になるのはどうしてなのか?これには自律神経が関係しています。この自律神経は私たちの生命活動の根幹を支える重要な機能を担っているのです。私たちは常に呼吸し酸素を取り込み生命を維持しているため、当然寝ている間であっても呼吸を止めることはできません。自律神経のはたらきによって意識とは無関係に呼吸は続き、このような生命活動が24時間365日休むことなくはたらいています。

また、自律神経には交感神経と副交感神経があり、この両方のバランスがとれた状態が、心身が最も健康でパワーを発揮できるのです。この2つの自律神経は相反するはたらきをしていて、これを自動車に例えるとアクセルとブレーキのようなものになるため、頭を使ったり運動したりするときは交感神経が、くつろいだり眠るとき、心がリラックスしているときは副交感神経が優位となります。

facilities-img01421111111.jpgこのバランスを意識的に整えることが重要で、生活リズムはゆっくりを意識し、ゆっくり呼吸し、ゆっくり動く、このように時間に余裕をもつことで心の余裕が生まれ、予期せぬアクシデントが起きても正しい判断に基づく最善の対応策がとれるようになるのです。

日常は、できるだけ30分程度の余裕をもった行動を心掛けるようにしましょう。この心の余裕が自律神経を安定にし、集中力を高めるだけでなく、健康にも良い影響を与えることを心に留めて毎日を過ごして下さい。
posted by 登別すずらん病院 病院長コラム at 15:11Comment(0)TrackBack(0)日記

血圧と健康管理のおはなし (2014/06/10 更新)

facilities-img014211121111.jpg日本人間ドック学会と健康保険組合連合会は、健康診断で「異常なし」と判定する、血圧やコレステロール値などの新たな基準範囲案を4月に発表しました。しかし、この新基準値により健康とされる範囲が広がったと歓迎する声が上がる反面、日本高血圧学会や医療現場からは潜在的病気リスクを見逃すことがあるのではといった懸念の声も上がっています。
具体的には、血圧に関しては14年前の高齢者の基準値で上が160mm/Hg以上で下が95mm/Hg以上であったものが、新基準値では上が140mm/Hg以上、下が90mm/Hg以上に引き下げられ、高血圧症の患者さんは約1,700万人から4,000万人に増加、合わせて高血圧症の治療に使う薬の費用も7,500億円から1兆7,700億円に増加したと言われています。

当然、血圧が200mm/Hg以上の人は脳卒中や心筋梗塞を発症しやすくなりますが、高齢になると血管は細く、硬くなっていくため、脳に十分な血液を送るために血圧を上げて重要な脳の機能の低下を防いでいる要素もあります。つまり、血圧とはその人それぞれの年齢、性別、体重、塩分やアルコール、ニコチン(煙草)の摂取量などにより、身体が自然に調節しているため、血圧は常に数値の変動があることを考慮する必要があります。高い血圧を急激に下げると、脳血流量も減少し、思考や判断力の低下に繋がったり、病気のリスクを高めることもあるため、適度な運動や、肥満度の管理、アルコール摂取の減量など生活習慣の改善に努めることが大切です。
posted by 登別すずらん病院 病院長コラム at 15:07Comment(0)TrackBack(0)日記